フェレとその他が暮らす家

フェレット1本・猫2+1匹・文鳥1羽・熱帯魚…雑然と暮らす香流家です

2008.10   09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11 


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)/--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

去勢手術終了~!

生後半年になり 体重も4.3キロと立派に成長したみたらしくん、本日去勢手術を無事に済ませました。

木曜日の夜 私が寝る時にまだ残っていたカリカリと給水ボトルをはずしてしまい、そこからは飲まず食わず。
男の子なのでたいした手術ではないし、体重も十分あるので麻酔の心配も少ないのはわかっているものの、
つい 前いたフェレットたちの手術の時のことなど思い出し、病院へ向かうの中で泣きそうになったりもしました。
本猫はお腹がすいてのどが渇いて朝から不機嫌ながら、ショルダーバッグの中でおとなしくしていましたが

に預け、夕方迎えに行くと。
看護士さんが、ボコボコ暴れるショルダーバッグを下げてきました。
バッグの中からうなり声と時折「ハーッ!」と威嚇する声、口のネットに爪を思い切り出してパンチしています
ものすごく暴れて麻酔が効くまで手が出せず、覚めてからも暴れているのでずっと袋詰めになっていたそうで…

恐る恐る口を少しだけ開け、顔を見せて声をかけましたが、私にまでしばらくは威嚇する始末^^;
…よっぽどイヤだったんだねぇ…
しばらく声をかけているうちには落ち着き、の中でバッグの口を全開にしてもおとなしくなぜられてましたが、ここまで暴れるとは予想外でした。

に戻ってバッグから出すと、麻酔はすっかりさめきっているようで、部屋中走り回っていつもどおりの様子。
特に傷口を気にする様子もありません。
これならケージに入れても上の段から墜落することもなかろうと、とりあえずケージでご飯&お水をあげました。
傷口をじっくり見て写真でも撮りたいところではありますが、明日にしようと思います。




スポンサーサイト
  1. 2008/10/31(金)/23:10|
  2. うちの子のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

itigo-h.gif  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。