フェレとその他が暮らす家

フェレット1本・猫2+1匹・文鳥1羽・熱帯魚…雑然と暮らす香流家です

2008.08   07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09 


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--)/--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

グレさんレシピのチョコケーキ


グレさんのブログで、超簡単なチョコパウンドケーキのレシピを見つけて作ってみました♡

この明治板チョコの割り方に、私の大雑把な性格が表れています
おかげで湯せんで溶けるまで時間がかかったこと!
今度作る時は、包丁ででも刻むか削るかしようと思います。
(たぶんそれが当たり前なんだろうなぁ…

チョコが溶けたらとにかく材料を全部混ぜて行き、型に流し込んで焼くこと25分。





パウダーシュガー振り過ぎ…
できあがったケーキは 翌日姫☆ハックンたちとランチした時に持って行って、みんなでいただきました。
初めて作った試作品を いきなり人に食べさせる私w

味はとっても濃厚でおいしかったです。
(材料の分量さえ間違えなければ、誰でも問題ないと思う☆\(- -;)
ただ…ほんの少し生焼けだったのか、しっとりタイプのレシピだったのか…ビミョーなところでした。



私は実は料理は苦手です。
それほど下手ではないと思うけど、あまり好きではありません。

本当はね~
子供が学校から帰ってくると、白いエプロンなんかして台所でおやつのクッキーやらケーキやら焼いている そんなお母さんに憧れてたんですが、
自分の母はそういう人ではなかったし、まして自分は対極かもしれない^^;
そもそもエプロンなんて普段しないし…近所のお葬式の手伝いに行く時くらいかな。



「エプロン」でふと思い出しましたが。

息子達が幼稚園の時 父親参観日に、不登校とかいわゆる不良の子どもを自分のお寺で生活させ更正させている方の講演会がありました。
聞いているのは当然お父さんたちだったんですが、私含め数人のお母さんは役員だったので 一番後ろにいました。

講演の冒頭でいきなり「お母さん方、毎日食事の準備の時にエプロンされてますか?」というようなことを聞かれ、全員がNOと答えると。

「食事の準備の時にエプロンをつけるということは、心をこめて専念して準備するという姿勢の表れである。」
「エプロンをつけない母親が育てた子は道をそれる。うちに来る子の家庭はみんなそうだ」
…というようなフリからお話が始まりまして。

正直 おいっ!と思いましたね。
あなたのところに来た子の母親はもれなくそうだったかもしれない。
でも エプロンをつけない母親の子でも、誰にも迷惑をかけずに普通に立派に育っている子もたくさんいるだろうっ!
…と役員でなければケンカを売りたいところでした。
そのあと どんなにいいこと言ってたか、記憶にありません^^;

「そうか! 子どもをまっすぐ育てるために今日からはエプロンをして心をこめてごはんを作ろう!」
とは思えませんでした。



スポンサーサイト
  1. 2008/08/15(金)/19:13|
  2. いろんなこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:10

itigo-h.gif  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。